第10回、11回森林の里親

第10回森林の里親事業は7月31日から2日間で、第11回森林の里親事業は10月30日から2日間の日程で行われました。

第10回森林の里親事業は毎年学校の夏休み期間に行われるため、社員も家族で参加される方が多く、鱒つかみ体験やかまど炊き体験、花火など参加されたお子さまたちも大変楽しまれたようです。

両期間とも、メインの間伐作業では初参加の社員も森林組合の方から指導を受けて、小さなのこぎりを片手に森林整備を行いました。

第11回森林の里親事業では、高い樹木の枝を切り落とす森林組合の方のパフォーマンスもあり、軽々と登って作業をする姿に参加者全員が感嘆の声を上げました!

ほかには、サツマイモ収穫体験やパターゴルフ大会(交流会)を行いました。秋ということもあり、八寿恵荘から少し上ったところにある中カエデも大変きれいでした。

池田町や森林組合、広津自治会の皆さまにご協力頂き、両期間とも楽しい2日間となりました。

集合写真(秋)

左、傾斜での作業となったため、皆さん足元には注意を払って作業しました。

木々が生い茂り見通しの悪かった林も、間伐作業ですっきり!

 

 

 

 

間伐作業 風景

かまど炊き体験                               中カエデ