映像制作のメリット
映像を制作することによりさまざまな効果が期待できます

動画の利用でユーザーの分かりやすさが格段に向上

「百聞は一見にしかず」という言葉が意味するように、動画の表現力は活字や静止画による情報伝達力との比較でも超越して優れ、その差は5000倍ともいわれています。その場の雰囲気や臨場感、細かい説明が必要な新製品、機能の説明など、動画を利用することにより、分かりやすくユーザーに伝えることができます。

映像にすることで情報量アップ

  1. <説明図(文字+絵)>説明図(文字+絵)
  2. <説明ムービー(映像+音、ナレーション)>

ブランドイメージの訴求力向上を低コストで実現

印刷物と映像で統一感のあるクリエイティブを作成することでブランドイメージの訴求力を高めることができます。さらに、カタログのデータを使って映像制作を行うことにより、撮影費用などをかけず低コストで制作することも可能です。

すでに制作したカタログの素材を使っての映像制作も可能

  1. <カタログ>カタログ
  2. <店頭電子POP用ムービー>

映像制作ワークフロー

打ち合わせからはじまり、納品後は効果測定/コンテンツ改訂・更新までをサポートします。カタログと映像を同時に制作するケースではスチール撮影と同じタイミングでVTR撮影をすることにより、コストを抑えることができます。また、制作物をトータルでイメージ訴求することが可能になります。

映像制作フロー