フォトレタッチ
撮影段階で物理的に不可能な画像を合成レタッチによって作成

撮影段階で物理的に不可能な画像を合成レタッチによって作成します。

レタッチ事例1 華密恋製品

  1. 写真Aが写真全体のイメージ
    ※ノズル部分にハイライトが当たる関係で、どうしても細かい質感が表現できません。
  2. そこで、ノズル部分が出るようにハイライトの位置をずらした写真Bを撮影しておきます。
  3. 最後に写真Aに写真Bのノズル部分を合成し、完成させます。
  • 写真A
  • 写真B
  • 合成後

レタッチ事例2 東京スカイツリー(弊社フォトグラファー空撮)

全体を明るく立体的に見せる色調処理と、スカイツリーを浮き立たせるため周囲のピントのバランスを崩すレタッチ処理を施しています。

  • スカイツリー(レタッチ前)
  • スカイツリー(レタッチ後)